トップ / 研究医への道のりとは

研究医になるために

研究医への道のりとは

研究医とはどんな仕事か

転職して研究医の一歩を踏み出す医師は、環境の急変に対応できるかどうかで継続年数が異なります。とりわけ強い意欲は一般的な医師から研究医に転職する場合に欠かせないために、治療法を多岐にわたらせる工夫に心が揺さぶられるか否かを冷静に自問自答することが肝要です。患者を相手にして試行錯誤する仕事内容に携わる機会が一切なくなると言っても大げさにならないので、限られた人間関係の中で最大限の結果を出し続けられる人材であると信じて疑わなければ適性があると考えられます。

学生から研究医になる

その一方で学生でいられる期間が終了してからすぐに配属されたのなら、卒業までに取り組んできた内容にそのまま没頭できると限らないです。職場の責任者から言われるまま実験する必要性に駆られる機会がしばしばあるために、作業そのものを楽しくこなすことが可能であるほど長続きする傾向があります。少しでも退屈さを感じたならば、なし崩し的に意欲が弱まりかねないので細心の注意を要します。現役でいられる間に世界的な発見を行えなくても前向きに腕を振るえる心持を維持することによって、途中で気持ちが揺らぐことが少なくなります。

↑PAGE TOP