トップ / 医師の研修とその間の給料

医師研修生について

医師の研修とその間の給料

医師になるためには研修が必要

医師になるためには研修が必要です。普通、学生は医学部などを卒業した後、練習生になります。そこで、将来のために経験を積むのです。この練習期間中に学生たちは将来、何科になるかを考えます。そして、自分にあった科を見つけ、そのための勉強をし、専門医になるのです。研修生の給料は約30万円ほどです。僻地に派遣されれば、月給60万円ほどもらえます。例えば、新潟県の佐渡島などに派遣されれば、練習生の月給は68万円です。僻地での勤務の大変さが反映された給料と言ってよいでしょう。

大きな医療法人の医師の研修

たくさんの病院などを経営している医療法人で募集されている医師の仕事は、研修がしっかりとしていることが多いので、若いうちに様々な経験を積むことができ、たくさんの診療経験を積むことができます。若いうちはたくさんの経験をしておいたほうが、将来進みたい診療科目なども定まりやすく、目標も明確に設定できるようになるので、専門家としては大きく成長ができるでしょう。最初は希望していない診療科目で働くこともありますが、将来役立つ経験を積むことができるでしょう。

↑PAGE TOP