トップ / 医師にも種類が存在する

医師の種類とはなにか

医師にも種類が存在する

医師とは大きく分けて2種類

医師の種類というと開業医と勤務医のイメージもあるかもしれませんが、種類とは実は臨床医と研究医に分かれています。臨床医とは実際に病院などの医療機関で病気やけがの患者さんを診療して治療に携わっています。研究医とは大学や企業所属の研究機関などで病気だけではなくさまざまな研究に携わっているのが研究医と言われています。病気の解明や医療技術の進歩、そしてそれだけではなく多方面での分野にも役立てられているのです。

医師の種類と傾向について

医師といっても、種類や呼び方があります。病院で診察や治療をする場合、『臨床医』となります。この臨床医にも種類があり、内科や外科、小児科などのたくさんの科に分かれています。『学会登録医』や『専門医』などの呼び方があり、呼び方である程度のランクが決まっています。例えば登録医はその名の通り学会に名前が登録されているというもので、信用は低く最少ランクとなります。逆に専門医と呼ばれるものは高度な知識を持っていても難しく、上級ランクとされています。いずれにしても、医師の中のハイクラスを目指すのは技術と知識が必要です。

↑PAGE TOP