トップ / 医師にまつわるハナシとは

医師の態度と患者の関係

医師にまつわるハナシとは

柔らかい態度の医師は患者が作れる

医師の態度が柔和な病院に通いたいと望むのは、患者なら一般的に生じる感情です。優しく対応してもらえたら免疫力に最良の影響がもたらされる気持ちになれるので、病気の完治までの時間を短縮させる結末が訪れる頻度が高まります。しかしながら、患者が熱望した通りに医師の態度が変化するとは限りません。各々の性格によるところが大きいので、理想的な治療環境を欲しているのであれば少なくとも単一的な工夫を欠かせないと考えられます。低姿勢で接してくれる患者を相手にすることによって、医療行為を進める人物の心は優しくなります。結果として治療に取り組む当事者の気持ちが穏やかになるので、自然的に態度が硬くなりがちな医師であろうとも親しみやすさが向上するというわけです。何かしらの病気に立ち向かわなければならない状況に陥る患者側の身になって考えると、難易度は高いと考えざるを得ません。少々の余裕がある場合は、率先して実践すると効果が高いです。

医師の態度に疑問を感じたとき

 みなさんは医師の態度に疑問を感じたことはありませんか。最近ではインフォームド・コンセントという言葉を耳にするように、患者の病気を理解し納得した上での治療方法を説明する義務を医師に課しており、多くの病院がサービスの一環として疑問を感じた患者の意見をお伺いし、改善する専門の部署を設けていたりもしています。また、それでも納得のいかない場合は再度その他の専門家の意見を参考にするセカンドオピニオン制度も一般的になっており、以前のように主治医の意向のみで患者の意見を取り入れない一方的な治療方法は少なくなったといえるので患者側の精神的な負担が減ったといえます。しかし、一番の目的はあなた自身の病気を完治させることが一番ですし、病気のときは特に気持ちに余裕がなくなり、些細なことが気なる場合もありますので一度時間を置いて冷静になったときに、周りの人に話を聞いてもらうなど改めて医師の態度に対しての疑問を考えてみてはいかがでしょうか。

↑PAGE TOP