トップ / 医師にまつわるキホン

医師の仕事は激務?

医師にまつわるキホン

医師の仕事の激務について

医師の仕事は大変な激務であるとされています。これは、あまりの激務さに、映画などにもなったほど、特に地方など田舎の地域では、人手不足、深刻な医師不足があることから、ただでさえお医者さんの仕事は大変であるとされていることに、さらに拍車をかけて、田舎などの地方では、大変な医療現場となっており、寝る暇もないほど、大変な仕事であるとされています。これは、親御さん、お医者さんとなった息子さんに、お母さんなどが何か相談があって、電話などを息子にかけても、電話が折り返しでかかってきた時間が、1週間後であったなど、仲の良い家族ですらも、なかなか会話が出来ないほど、大変な仕事場であるとされています。また、父親が医師である場合、娘さんや息子さんはお父さんに会いたくても、家ではほとんど会えないほど、多忙な生活をお医者さんはしており、家族ですら、このように滅多に会えないほどの激務となっています。このように大変な仕事となっているのです。

医師の仕事はみんながすべて激務ではない

医師の仕事は全員が激務と言うことはありません。大学病院等で救急対応をするような場合は確かに大変であると言えるでしょうが、地方などで患者がなかなか来ないような独立開業医の場合には、患者がいないわけですから仕事それ自体も少ない場合もあるのです。また、仕事の内容によって医師が激務かどうかも分かれます。たとえば、産業医等で職場配置の場合には、職場に患者が来なければその職場も忙しいとは決して言えず、無難に働き続けることも可能でしょう。労働安全衛生法の関係で、その職場において何かあれば大変ですが、そうでない場合には定時に出勤して、定時に帰ることも十分に可能となっています。しかも仕事内容としては通常それほど忙しくもないわけです。つまり、それぞれ個別の事情により大きく変わることが言えるものです。一律で全員が忙しいと考えることは出来ません。個別それぞれで全く事情が異なるので、一概に全員が忙しいとは言えないでしょう。

↑PAGE TOP