トップ / 医師への訴訟の件数は

医師と訴訟に関して

医師への訴訟の件数は

患者から医師への訴訟

2000年代に入ると患者の権利意識が高まって医療訴訟の件数が増加しており、医療機関の体質や技量を問題視して医療バッシングが行われるようになりました。2000年代後半になると、医師不足などから医療崩壊の事実が世間に理解されるようになり、医療バッシングが減少し、医療側も診療時の患者との認識違いを減少させる対策が行われています。万が一には調査委員を立ち上げて原因を調べる事は一般的となっていて、患者に説明を詳しく行い、カルテにしっかりと記入する事が医師の間で浸透してきたことから、訴訟へ発展する事が減ってきました。

医師と訴訟にならないために

医師が治療を行う上で、誤診や誤治療を行った場合に起こる可能性があるものが「訴訟」です。人には間違いはつきものですが、故意に行われるといった場合もあり中には泥沼化してしまうケースもあります。医師による治療を効果的に受け、訴訟に至るような最悪のケースを免れるには、医療についての基本的な知識、あるいはコミュニケーションの知識を付けておくということが有効であると言えるでしょう。相手から提供されるもの、というだけのスタンスから離れることが、まず必要と言えるかもしれません。

↑PAGE TOP