トップ / 医師になるための情報

医師とは最難関の資格の一つ

医師になるための情報

医師と予備校について

医師になるためには、最も難しい学部とされている学部、医学部に合格しなければなりません。そのため、大変な勉強が、幼少から必要であり、中学から受験勉強を重ね、その都道府県でもトップクラスの進学校などに合格できなければ、将来、医師になることは出来ません。これはなぜかというと、トップクラスの進学校でしか行われていない授業などが、医学部の受験科目にはあるため、例えば工業高校などではそれらの授業は当然ないため、受験すら出来ない状況である、このようなことになっています。そのため、幼少から、最低でも中学から進学校の高校に入るための勉強が必要であり、予備校に通い、勉強をしている生徒さんもとても多いです。また、このような高校の受験の時だけでなく、医学部に入るためには予備校に通う生徒さんはとても多く、また予備校では、とても分かりやすく授業などを行ってくれるプロの先生もいるため、とても勉強をしやすい環境にあります。

医師になるために予備校に通う

医師、という職業は、言うまでもなく日本の最難関の資格の一つであると言っていいでしょう。国家試験の合格率だけを見てみれば高いように感じるかもしれませんが、薬剤師や看護師、といった他のコメディカルと同様にこれらの合格率を底上げしているのは「元から実力がある、あるいは合格を見込まれる人にしか受験資格を与えない」という背景があります。医師になりたくてもなかなかなれない、国家試験に落ちてしまった人の多くが通うのが国家試験予備校です。国家試験予備校は、大学での講義と異なり国家試験で点数を獲得するために必要な知識、スキル、あるいはテクニックを教えることに長けており、利用することで飛躍的に合格確率を上げることができるという人すらいます。医師になった後、能力が不足していてしっかりとした医療が行えないということは日本の医療レベルを下げてしまう原因となるため、こういった予備校を利用したとしても、能力のあるしっかりとした人を育てるシステムを確立することが必要であると言えるでしょう。

↑PAGE TOP